Musical

いくらで売れるか

いくらで売れるか相場を知っておくことが重要

エレキ、アコースティックを問わず、もう使わなくなったギターを売る場合、一体いくらくらいの価格で売れるかを知っておくことがとても重要です。インターネットの買取サイトや、比較サイトを使えば平均的な相場を知ることが出来ます。その上で、平均的な相場価格より高く買い取ってもらえる業者に売るのが、賢い方法だと言えるでしょう。 一般的にギターの買取価格は、定価の5分の1ぐらいと言われています。楽器以外にCDや古着なども取り扱っている中古店だと、ギターの知識がない店員が値段を決め、定価の10分の1程度の金額でしか売れなかった、というケースもあるので注意が必要です。安値で叩かれても断れるよう、相場価格を知っておくことが大切なのです。

人気のあるメーカーのギターは安定して高く売れます

買取価格が高く売れるギターというものもあります。これは、常に高い人気があるメーカーのギターで、ギブソンやポール・リード・スミス、マーチンなどがあります。中古業者側からすれば、高値で買い取ってもさらに高い価格で売れるので、一般的な相場よりも高値が付くのです。 また、ヴィンテージ物といったギターにも、驚くほど高値が付くことがあります。売る前に、そのギターがどのようなカテゴリーに属しているか把握しておくことも大切です。 もし売ろうと考えているギターが故障しているなら、修理をしてから売りましょう。また、新しい弦を張り替えたりボディやネックの清掃も済ませた上で、売ることがベストです。買取価格を少しでも高くするために必要な手間なのです。

ページのトップへ戻る